ラフティング

rafting

清流日本一の尻別川をラフティングボートで約7km下ります。このプログラムは、今なお色濃く残る大自然を間近に体験できるニセコならではの自然体験学習といえます。ラフティング中に起こる様々な出来事をクリアしていく事により仲間との連帯感が増し、協力性や協調性を学ぶ事が出来ます。そして、仲間と力を合わせてゴールした時の達成感は参加した者にチームビルディングの大切さを教えてくれます。
ボートには経験豊富なガイドが同乗し、川を下る為に必要なサポートを全て行うので初めての方でも安心してお乗り頂けます。また、雨天時でも実施出来る種目なので、スケジュールしやすくお勧めです。

期  間 4月中旬~10月下旬(小学生は6月から)
定 員 10~160名
所要時間 約3時間(着替え・移動を含む)
料 金担当:野崎までお問合せ下さい。
(Tel 0136-43-2882)
集合場所ライオンリバーベース
持ち物濡れてもよい服(長袖Tシャツ、長ズボン)、タオル
 (春や秋は、厚手の保温力のある服を持ってきて下さい。フリースジャケットなどやジャージ素材の服も可)
※Gパンや濡れると固くなる綿パン・スカートは不可です。
備 考雨天時でも決行します。
 

注意事項

 
  • 雨天決行ですので、雨天振替種目を設定する事はできません。
  • 事前に7名ずつの班分けを行って頂き、当社指定の「班分け表」に書き込んでご提出をお願い致します。(装備をご用意するため、身長・体重・足のサイズの記入が必要です)
  • お一人様一枚ずつの「参加申込書」のご提出が必要です。

ご用意いただく物

服装について

 


ラフティング時の服装は、"濡れても良く動きやすい服"が基本です。ラフティングは雨でも実施しますので、服装はやや暖かめの服装をご用意ください。夏の暑い時でも長袖Tシャツや長ズポンがよいでしょう。素材としては、学校のジャージのような動きをさまたげない素材の服が望ましいです。

服装や持ち物の注意事項

 
  • 不可の物/運動に適さない窮屈な服、ジーパン・綿パン、スカート、ストッキング。
  • 貴重品について/当社では貴重品のお預かりは出来ませんので各自でご対応下さい。
  • メガネ・コンタクト/メガネの方用の紐をご用意しています。コンタクトの場合は使い捨てレンズの使用をおススメします。また、メガネ等の破損については責任を負いかねますので予めご了承ください。
  • 体重制限/ライフジャケットの適応体重は約120kg迄です。体重が100kg以上の方がいる場合は事前にご相談ください。
  • ドライスーツ/ドライスーツの適応サイズは最大胴周り120cm程度となります。完全防水ではないので濡れる場合がございます。また、手・足・首にゴムを使っておりますので、アレルギーの方はご注意ください。

ガイドについて

北海道ライオンアドベンチャーのガイド達は、川の知識や救助の訓練を積んだ有資格者。安全で、かつ楽しいリバーツアーをお約束します。また、当社のガイドは全員日本人です。これは、やはり細かいコミュニケーションがとりずらいなどの心配があるからです。日頃から身なりや行動なども節度を持って動いています。


ラフティング協会
当社は一般社団法人ラフティング協会(RAJ)に加盟していますので、ガイドは全員、RAJガイドライセンスを取得しています。

レスキュー3
また、複数名がレスキュー専門の講習機関による川でのレスキュー資格(SRT資格)を有しています。
ツアー時は、AED(自動体外式除細動器)を所持しております。また、スタッフ全員が消防本部で行っている日本赤十字救急法基礎講習に相当する応急処置技能認定講習を受講しており、万が一に備えております。
上級救命救急講習 消防本部で行っている日本赤十字救急法基礎講習に相当する応急処置技能認定講習(AED取り扱いを含めた講習)をスタッフ全員が受講しております。
ボートについて 特殊強化ゴムで出来た8つの空気層を持つボートで、衝撃に強く岩にぶつかっても多少の事では破れる事はありません。万が一やぶれても他の空気層が浮力を保持するので安心です。
ダウンロード

Gallery

rafting

ドライスーツやリバーシューズを装着

ライフジャケット装着!

準備完了!!

セーフティートークはしっかりと!

力を合わせて漕ぎだそう!

自然豊かな尻別川

The Others

ページのトップへ戻る